バイキンマンはマックス

人気記事ランキング

ホーム > 不妊治療 > 妊娠期に行ったこと

妊娠期に行ったこと

もともとダイエットなどはあまりしたことがなかったのですが、長男を妊娠をした時にむくみやすくなり体重管理を言われた時期があったので、体重が増えすぎないようにコントロールする気持ちで始めたのがキッカケでした。運動は苦手でしたので、単純に食事コントロールだけでなんとかしようと決意しました。

 

食事自体を抜いたり、何かだけを食べ続けるダイエットは体にもよくないと病院でも言われたので、朝昼はなるべく好きなように食べるようにして夜だけ気をつけるようにしていくことにしました。仕事上帰宅する時間帯が遅く、基本10時くらいなのは当たり前でした。昼ご飯からだいぶ時間も空いているので空腹感が半端ないころになってはいましたが、お昼のお弁当を半分だけお昼の時間に食べて、夕方にもう半分を食べるようにし始めました。それ以外は完食を控えて、どうしても辛い時は200キロカロリーまでのおやつをたまにとっていました。

 

肝心の夕食ですが、炭水化物は食べないようにしました。調味料はしかたないとして、たんぱく質と野菜を中心に野菜が多めの食事を心がけました。炭水化物がないと満腹感が弱く、量が入りますがもやしやこんにゃくがカサマシにはおすすめです。

 

週に1日だけは好きなものを食べていい日を作り、その他の日は夜だけ炭水化物抜きで過ごしていった結果出産までプラス6キロで産後の体重もすぐに戻り、産前よりもスッキリとした体型になることが出来ました。簡単なようですが炭水化物を抜くのはなかなかきついものです。食事内容をいろいろアレンジして肉や野菜でボリュームのあるおかずをとってみてはいかがでしょうか。

計画的な妊娠をお望みの方は⇒http://superslimkamakura.com/menu3.html